HB-101中国花开10周年! 十年一剑 谦虚努力 用心做事 十年磨砺 我们感恩 一日三省 十年亮剑 财自道生 得缘义取 十年相知 一路有您 明天更好 十年如一 良心真货 良品正价 2011十周年大庆 同款产品买5送1 多买多送!
泰富客服为您服务 泰富客服为您服务
 
用户名:
密  码:

新用户注册
忘记密码
新 闻 报 道
泰富客服为您服务
一瓶止痒药 几多好心人 top
楚天都市报记者 卢成汉 特约记者 龙桥 2004年12月7日报道 HB-101   “真没想到,省城武汉的好心人真的给我送来了止痒药。”5日,郧西县的王老汉拿着药瓶感慨不已:“省人大机关的王传亚真是个好人呀。”
  今年65岁的王老汉家住郧西县上津镇,从1978年开始,身上长出了小肉疱,起先不痛不痒,后来越长越多,到1994年,几乎长满全身,大的如核桃,小的似绿豆。每到冬、夏季,身上就阵发性瘙痒,痛苦不堪。王老汉多方求治无果,找到本报,盼望高手解除他的痛苦。本报在9月21日13版对王老汉一事进行了报道。
  昨日,记者联系上了省人大机关党委专职副书记王传亚。王传亚说,这药不是他的,是省人大常委、华中农业大学的教授李明佩的,他只是代为转送。
  原来,李明佩教授的丈夫也浑身发痒过,自从擦了一种日本的药剂后,就不痒了。她看到本报刊登王老汉的怪病后,决定将未用完的药送给王老汉。于是,她将药托给王传亚转交。
11月底,十堰市人大副主任张光新来武汉开会,王传亚便将药交给张带回十堰。张光新回去后,又交给本报在十堰的特约记者梅明康转交给王老汉。2日,梅明康又将药交给郧西县委宣传部副部长彭建兵,彭正好在县城遇到王老汉所在镇的一名本报通讯员余秀武。4日,余跑了十几公里山路,将药送到了王老汉的手中。于是便有了开头的一幕。
  (注:李教授从2002年就开始使用本产品EH-101,而且李教授还常购买本产品免费送人使用,使众多痛苦患者恢复了健康!)
绿色农业受青睐 top
[本报记者 王威 实习生 刘柳 郑雯 摄 2002年8月13日报道]HB-101   瞧,小朋友已经等不及了!
  11日,百余名来自城里的孩子和家长到武汉市东西湖辛安渡农场,体验“绿色无公害”带来的乐趣:满园的果树不仅硕果累累,而且可以即摘即食。辛安渡农场是武汉市首家采用纯天然植物营养活力液对果树进行施肥的试验农场。
  (注:小朋友们参加本公司夏令营活动,亲情自然,回归自然)
郊外远足 享受生活 top
记者 张龙 金娜 摄影 于2002年8月14日报道HB-101    如今越来越繁忙的都市人时刻受着方方面面的压力。渴望自己的空间,放松地享受生活成为许多年轻人的共识。前天,家庭远足生态游就受到不少人的欢迎。年轻的父母和孩子们来到东西湖农场的梨树园里,一同摘取无公害营养剂培育的梨子,农家的感觉在清新的空气中散发开来。
绿色田园家庭夏令营 top
[本报记者 王威 实习生 刘柳 郑雯 摄 2002年8月13日报道]HB-101   全国劳模刘莉与本公司农场老王交流
迎接不需要农药的时代 top
中国高新区杂志社 记者 健群 羽白 2002年9月号总第13期报道HB-101    认识刘教敦是在今年元月,东湖高新区企业家沙龙的一次“科技文化与人文文化协调发展”的报告会上,在听完报告后 的相互交流中,他向记者介绍了自己,也介绍了正在从事的事业。
  盛夏,记者随东湖高新区农业处的同志参观了武汉市东西湖辛安渡农场的生态农业示范基地。这里,硕果累累的梨园地面无杂草,果实无烂痕、虫蛀,与基地外的梨园杂草丛生、烂果颇多形成鲜明对比。基地农民告诉我们,这里使用了泰富公司的产品富泉HB-101,未使用任何农药。这无公害无污染的果实,使同时前往的全国劳模、武商集团的刘莉及数十位各界人士产生了很大兴趣,当地媒体对此也做了报道。
   8月底,记者走进了东湖高新区海外学子创业园泰富公司的办公室,采访了这位留日归国的学子。
泰富生命工程(武汉)有限公司图1:刘教敦回国创业得到日本株式会社FLORA川濑善业社长(右)的支持。
图2:在武汉东西湖辛安渡农场与农民王德才、刘须昌热情接待参观者
“为家乡的农民做点实事”
   祖籍在湖北天门岳口的刘教敦,1958年出生于武汉,在12岁时,随父亲下放到新洲凤凰区。他当过农民种过地,当过工人做过电工,改革开放后考上了武汉大学,攻修日语,大学毕业后进入中国国际旅行社长江分社,89年赴日本留学。在九州产业大学经营学部国际经营学科毕业后,他在日本福冈办起了自己的公司“地球亚洲村”。
   自己当农民的艰难岁月、在日本为中国农民打官司的经历使他对中国的农民、中国农业的现状有铭心的感受;又身在日本,看到日本农业的发达及现代化程度,使他萌发了投身农业产业的冲动,他认识到高科技农业、生物农业才是中国农业的方向。他又到九州大学农学部自学农科,与日本的农民交朋友并通过在日本株式会社FLORA的极力争取,要把HB-101推广到中国。
   1998年7月,中国南方航空公司开通武汉至福冈的航线。首航式上,时任武汉市人民政府副市长的殷增涛会见了参加欢迎会的刘教敦。殷市长向他介绍了武汉市的创业环境,介绍了东湖高新区的海外学子创业园,介绍了正在发展中的武汉高科技农业园,并希望他回国创业,为家乡做贡献。在海外已度过近十个春秋的刘教敦,当时向家乡政府的领导承诺“回国创业,为家乡的农民做点实事”。2001年春回到武汉,创办了泰富公司。
   “做21世纪的农民”
   刘教敦带回中国的富泉HB-101,被称为植物营养活力液,是一种纯天然、无毒无害的生物制品。2001年1月,湖北省种子集团公司对这种活性物质做了冬季草坪试验。在寒冷的冬季,因气温低,草坪会出现不同程度的冻害,叶片枯黄,生长缓慢。在对6个草品种用HB-101稀释浓度100倍两次喷施(间隔一周)后,草坪叶片舒展,冻害减轻,抗寒能力增强,比清水喷施对照的草坪提前返青。结论为,该活性物质对提高草坪的抗寒能力具有显著作用。
   刘教敦说:“21世纪是不需要农药的时代。我当过农民、工人、干部、留学生,现在又是创业者,我的天地在农村,我又是21世纪的农民。”他下到农村,向农民宣传HB-101,在田间为农民做实验,让农民看到实实在在的效果。
   2001年10月,在湖北省农业博览会上,一位叫王德才的农民找到他,要求购买他的产品。刘教敦盛邀这位农民到自己的公司,诚恳地对他说,“我不收你的钱,我愿在你的农场办示范基地。”两人一拍即合,武汉市东西湖辛安渡东风农场150亩生态农业园示范基地办起来了。他们在梨园、菜地、水稻地开展了试验。试验的结果证实HB-101作用显著,于是也便有了本文开头的一幕。
   如今,刘教敦和他的员工们用大部分的时间在农村宣传,HB-101植物营养活力液的作用正在被农民认识。在武汉市汉阳永丰乡农民余龙飞的香飞农园、江夏农民蔡光焰的五星农场,都得到了推广。今年7月,当他听说武汉市百步亭小区有5棵新载的大树已经枯萎后,他到现场用HB-101进行了处理,不到一个月,大树长出了嫩芽,最快的只有7天。
   刘教敦目前的工作是在农村宣传HB-101系列产品,也是在宣传无公害生物农业。他的用日文印刷的名片上有一句,“迈向未来的第一步,始于足下”,迎接“不需要农药的时代”,便是他的执著追求。
泰富理念和宗旨
   在泰富公司办公室,“21世纪是不需要农药的时代”的绿色大横幅高挂在墙上,刘教敦讲,这是他们公司职员的抱负和信念。
公司创业理念
   我们的行动:代表全国农民的切身利益,代表全国人民的健康利益,代表公司职员的幸福利益。
公司创业宗旨
   我们的行为:坚持良品正价,坚持彻底的售后服务,坚持以“民生必须均富,科技兴农”为使命的经营方针,坚持职员参与经营的公司法规,提高经营透明度。

以爱来拥抱中国 top
科技创业月刊 记者 刘志 2002年11月号报HB-101  听说武汉市鲁巷广场的草皮在冬天时草尖不黄,且返青时间提前是由于喷洒了一种日本新型的植物活性物质-富泉HB-101。富泉HB-101是一种纯天然生物制品,其提供者是位于东湖高新技术开发区海外学子创业园里的泰富生命工程(武汉)有限公司。和公司董事长刘教敦先生约好后,我们聆听了他的创业故事。
泪    水
   “我是1990年到日本留学的。当我刚踏上日本的土地时,内心的感受是无法言喻的。在国内我们所接受的对日本的印象到了眼前却完全改变了,日本的民众对我们中国留学生很热情,全然不是电影中的那样。我就读的大学是日本九州岛上的福岗市九州产业大学,学习的是国际经营专业。当我到达时,我的担保人西田先生在他弟弟家为我准备了一个欢迎宴会在宴会上,西田先生对我说;刘君,你能来到我们的国家学习,由我做你的担保人,这是我们的缘分,但是我不企求你以后要回报我,只希望你能为中日两国做一些有意义的事,这就是我最大的心愿。我在那里时所有的学费、公共汽车月票等等都是由他提供的。在我开学以后,他每个月都会有两次到学校来看我,带我到好一点的餐馆加餐,还要给我一些零花钱。所有这些都让我非常的感动,而我唯一能做的就是好好学习,用好的成绩来回报他。很多中国留学生在日本为了生活而去打工,但在我的学习记录里,从来没有过迟到、早退、和旷课,每天从早上第一节课到下午第五节课我都在学校,晚上则在图书馆,甚至在发高烧的时候,我也要坚持学习。为此,我获得了学校颁发的“皆勤奖”(即全勤奖),这在当时整个九州的外国留学生中都是第一的。就这样,我毕业时的成绩在全学部2000多人里排在第37位。
   “在1994年,福岗县律师协会的会长上田国广先生找到我,请我做翻译,为从中国偷渡到日本的农民打官司。就这样我和他来到了长崎的大村,这里有一个专门针对外国人的收容所,其中主要是偷渡的人。我们到达这里的时候 ,这里关押着1000多名中国农民。我看到这些,心里真的不是滋味。我们为他们进行无罪辩解 ,但是最后我们还是输了。后来我曾多次问他们当时国内的社会情况好转了还为什么要偷渡,结果他们的回答让我觉得很悲哀,他们说他们一年忙到头,却还不能过上好日子,所以就想到国外打工赚钱,而不再想种田了。这对我的触动很大,众所周知,日本的农业是非常发达的特别是在农业科技化的道路上日本一直走在世界的前列。于是我暗暗下决心要去学农。”
   “得到这个产品的中国生产权和经营权,也确实费了很大的周折。在日本时,我看到日本的农业是这么发达,也激发了我,我要做农业,就一定要做最好的产品,而不是把在日本已经卖不出去的东西拿来中国。我们都知道农药、化肥尿素这些东西是把土地里的微量元素全部夺过来给农作物,但是长期这样下去,土地就越来越贫瘠,最后就形成板结,这是一种饮鸩止渴的做法,日本国内的农户早就已经不再使用化肥了。由于我不是学农的,所以我也不是很清楚到底哪一种是日本现在最好的东西,于是,我就到我家附近的一个种子公司去看,把所有的有机肥全部买了回来。在上海郊区和武汉的新洲进行实验。最后,我们得出的结论是富泉HB-101最好。就这样,我下定决心,要把这个产品拿回来。再回到日本,我经过多方打听才知道,这个公司不在福岗县,而在名古屋附近的三重县,坐新干线的话要3个小时,并且要再转乘1个小时的快速铁路。于是我就给这家公司打电话,直接找到了公司董事长川濑善业先生,把我的目的和想法全部告诉给了他,但他不是很积极。经过反复几次,他终于答应见我,于是我连夜坐巴士赶了过去,也使他觉得了感动。通过和他诚恳地交谈川濑先生终于答应考虑一下,而我的担保人西田先生也同意为我做信誉担保。由于这个产品一直以来是禁止对社会主义国家出口的,虽说全世界54个国家和地区有这个产品的总代理,但在社会主义国家中却没有。在经过3年的交涉后,我才终于拿到了这个产品在中国大陆的二次加工和总代理权。我自己觉得,我虽然不能将这个产品的专利拿回来,但是我能够将产品拿回来也是高兴的。现在想想,当时除了没有给他下跪以外,真的是不断地在恳求他我当时说:我没有什么公司,甚至可以说是什么都没有,但是我有一颗真诚的心。”
   “你看,现在这墙上挂的就是川潄董事长亲自签发的代理权授予证书”刘教敦指着墙上的证书说。
   刘教敦在说自己的经历时,显得很激动,仿佛他在回忆中又回到了那个时候,仿佛又看到了那个让他感动的西田老人和那个让他感动的川濑先生。他的泪水不知不觉地流了下来。
汗     水
   “拿到这个产品的代理权以后,正好赶上了海外学子报效祖国这个浪潮,于是在2001年我回到了国内开始了我的创业由于我拿到的是大陆的总代理权,所以我敢以较低的价格进行销售,我的理想是让农民放弃农药和化肥 ,更何况我不愿意我拿到的这个产品由于价格的因素而使农民朋友望而却步。所有你看到的这些说明书,都是我一个人翻译的,因为我觉得再好的产品,要是农民看不懂怎么用,那就没有一点价值。在专业知识上,我不懂的地方就立刻打电话请教专家、农户我一定要确定资料的精准性,因为这个是不能有一点马虎的,一字之差就会有很大的出入。在公司成立以前,我曾经和一个日本朋友在1999年先对武汉、荆州、潜江等地进行了考察,同时也和湖北省种子公司进行了联系,当时觉得很满意。但是由于那个日本朋友和我在经营思想上有分歧,他坚持要以经济效益为主,而我则主张为了照顾广大农民的利益应把价格进行控制,所以最终并没有获得成功,后来有些朋友也经常对我说哪怕是坑蒙拐骗也应该先赚到一笔钱然后再来降价不然的话将会很艰难。但是即使到现在,我也强调要追求社会效益,也只有有了社会效益才能够带来巨大的经济效益。这家日本公司的宣传口号“以爱来拥抱世界”,我觉得我既然选择了它的产品,也一样应该“以爱来拥抱中国”。
   “也不怕你笑话,我这家公司虽然注册的是外资公司,但现在这所有的费用全是我在日本打工得来的血汗钱,公司现在还远远没有达到盈利,而是在不断地亏损,我甚至还找朋友借了一些钱呢。由于现在知道我们产品好处的人不多,再加上由于是高科技生化产品,比起一般的化肥、农药来说是要贵一些,所以在销售上不是很旺盛 ,不过我还是坚信我们公司的产品是经得起检验的。现在,我即是公司的董事长 ,又是公司的一名普通员工,一些具体的工作我也是亲自动手去做。武汉市百步亭花园是国家级试点小区,那里有19棵树木由于移栽时的一些问题而濒临死亡,此时他们的管理人员找到了我,最终我决定为他们免费治疗。经过了数次的治疗到现在,我们公司已经花费了近2万多元,已经完全返青的树有5棵。现在武汉市中山公园广场上不是有一棵树快要死了吗?我觉得如果用我们的产品进行治疗,还是有返青的希望,当然,像这样一棵广场上的大树,我估计光是我们产品的成本费就将超过1万元。当然了,救还是不救,这主要还是取决于人的价值观。”刘教敦说这话的时候,显得自豪中又有一点无奈。
   “你看,这是我们公司在东西湖一个合作农场的照片”刘教敦指着照片说。“你看这些包菜,这些是用了101的而这些是没有用的,光是从颜色上就感觉到有明显的区别,用了101的明显比没有用的要鲜嫩很多,水分也多了很多。还在这些梨也是用101的产品的。你看,照片上的小朋友们从树上摘下来就可以直接吃,要是用的是农药和化肥,这是不可想象的,因为梨要成熟,一般要施用15次左右的农药。每个星期的周末,我都会到这个农场去,亲自指导农场的师傅们正确使用富泉HB-101,我也自己动手进行操作。你别小看我,我从12岁时因为父亲被打成右派被下放到现在的新洲区凤凰乡,一直到我20岁,所以农田里的活我全都会干。你看,这是日本稻米,你看这苗,长得多壮。哦,你看,这是武汉商场百盛量贩店的店长、全国劳模刘莉。这是她在我们农场参观时的照片。武汉市青夌乡的杨光德农户,在一次农艺会上看到了我们公司的资料,后来专程找到我们这里,买了我们的产品。这次我从日本回来以后,他还专门找到我,对我说:“刘总,我有几条建议。一、一定不能作假,一定要保证这个产品的本质;二、一定不能涨价;三、无论你将来走到哪里一定要和我保持联系;四、我到死都会用你的产品。”他还告诉我,他现在不光是用在农作物和家畜上,甚至自己还在喝,而且觉得精神比以前好得多。你不信吗?你现在喝的这杯水里面就有101,你闻到到什么气味了吗?现在虽然我们的产品还没有大规模的销售,但是只要我到农村去,农民兄弟都会问我以后成功了还会再来吗?看见他们那一张张笑脸,我坚定地告诉他们,我一定会来的。我觉得虽说现在过得还是比较艰难,但我很充实”。
   在采访即将结束的时候,我突然看到了贴在刘教敦办公室里的创业宗旨和四项坚持。
   创业宗旨他提出了三个代表:
   1、代表全国农民有切身利益; 2、代表全国人民的健康利益; 3、代表公司职员的幸福利益。
   四项坚持为:
   1、坚持良品正价; 2、坚持彻底的售后服务; 3、坚持“民生必须均富,科技兴农”为使命的经营方针; 4、坚持职员参与经营的公司法规,提高经营透明度。
   所有这些,都体现出了刘教敦的一句口号-21世纪是不需要农药的时代;所有这些也都体现了刘教敦的一片悠悠赤子情,拳拳报国心。

新疆HB-101有机水稻栽培报道 top
大城市 中国 杂志社 记者 姬田小夏 2005年10月号报道泰富生命工程(武汉)泰富生命工程(武汉) 那未被污染的大地,享受着太阳的恩惠,润泽着天山的雪水,具备了天堂的条件——因此,产出了奇迹的新疆米
汚れない大地、太陽のめぐみ、天山山脈の雪どけ水―― すべてが満たされた“奇跡の新彊米”
 どこに行っても工場ばかり、そんな中国で有機米などできるのか――。半信半疑で米の生産地を訪ねた。場所は新彊ウイグル自治区のアクス(阿克蘇)。タリム盆地北部のアクスまでは上海からウルムチまで空路5時間、飛行機を乗り換えさらに2時間かかる。中国の西の果ての大地では、なんとアヒルを使った米の有機栽培「合鴨農法」が行われていた。
 「ガーガー、グエッ、グエッ」。真っ白なアヒルが群れをなして、バシャバシャと水を蹴ってやってくる。水の中で回転するアヒルの脚が土をかき混ぜ、自然と酸素が入り込む。田んぼでアヒルを飼うと、いろんな利点がある。雑草や害虫はアヒルのエサになり、その糞が田んぼに養分として帰って行くのだ。
 今年3月、地元の兵団が開墾したばかりの田んぼにアヒルのヒナが放たれた。汚染されていない新彊の大地に、夏場は16時間以上も太陽が降り注ぐ。田んぼに流れる用水路ももとをたどれば天山山脈の雪どけ水だ。これだけでも、有機栽培には十分な自然環境が整う。この乾燥したこの地には虫害もなく、除虫剤を撒く必要もない。化学肥料の代わりに与える養分は「油搾餅」。「油搾餅」とは牛糞にヒマワリの種から絞った油の粕を混ぜたもので、請負農家の自家製だ。「16団」という兵団が管理する農地には36の牛舎があり、1000頭以上の牛がいる。その牛が食べる芦もまた化学肥料とは無縁。その牛の有機糞を使って有機米を作ると言うみごとなサイクルができ上がる。日本の農業はその発展の過程で畜産をすっかり切り離してしまい、化学肥料と機械化に頼る農業を目指す一時期が存在したが、この農地ではそれを反面教師に「合鴨農法」を取り入れ、完全有機栽培を貫こうとしているのだ。
◆“開墾ホヤホヤ”は汚染がない
 ところで、前述した兵団とは新彊生産建設兵団のことで、1952年に新彊に駐屯していた人民解放軍が56年に武装解除、引き続き開墾と辺境防衛に当たり現在に至っている。もともとアクスは稲作地帯ではなかったが、日本で言えば北海道の屯田兵に相当する「漢族による開拓民」が稲作をもたらしたと言う。文革時代に都市部から知識青年を農村に移住させるという「下放運動」も、江南流域から米の品種がもたらすきっかけとなった。また汚染されていない農地で栽培ができるのも、開墾という重要な役割を持つ兵団だからこそ。アクスでは「16団」が中心となり、土地の開墾と開墾した土地の有効利用の任務に当たっている。03年から有機栽培をはじめ、今年「OFDC」(有機食品発展中心、本部南京市)による有機認証を取得した。合鴨農法は04年、江蘇省で開催された国際鴨稲会で古野さんと出会ったことをきっかけに、今年から実験的な取り組みを開始することに。現在、ここでは「アキタコマチ」と「19-1」という2種類の米を育てている。
◆合鴨農法が全国に伝播
 編集部が水田を訪れたその日、28年前から日本で合鴨(この水田ではアヒル)農法を実践し続けてきた古野隆雄夫妻が農場の指導に訪れていた。アヒルを放した376ムー(1ムー=666平米)の水田を見渡し、「中国はじめアジアの各地を見てきましたが、アクスは中国一の自然環境が整っています、ここは世界的な有機栽培のモデル地区になるのでは」と古野隆雄さん。開墾したての処女地はつい最近まで道路すらなかった。だからこその絶対的な競争力がここにはあると言う。
 古野隆雄さんは、この合鴨農法を中国でも広めようと92年に広州に訪れたことがある。しかし、前近代的な農法に対する反応は乏しく、「92年から10年はなかなか中国では広がらなかった」(同)。ところが、この4、5年で火がついた。背景にあったのは中国のWTO加盟。WTOに加盟すればいやがおうでも、世界の市場から安い農作物が入ってくるわけで、これに太刀打ちできる強い農業の必要性を中国政府が認識し始めたのだ。中国政府は90年代初頭から「米の生産量を増やす政策」から「安心?安全」を提唱してきたが、農村という生産地に浸透するようになったのはごく最近になってからのこと。この農場では日本のJAS認証をも取得しようという計画を持ち、国内市場も去ることながら、海外への輸出も狙っているのだ。
◆収穫量は少ないが
 合鴨農法の実験地ではこの秋8万キロの収穫を予定している。化学肥料を使えば1ムー当たり500キロの収穫も可能だが、この農法では1ムー当たりの収穫は300~400キロになってしまう。しかし今は、量より質の方が大切だ。「06年は5000ムー、07年には1万ムー、2010年には1万ムーにまで有機米の面積を拡大したい」と「16団」の朱維団長はやる気まんまん。まもなく収穫期を迎える新彊アクス(阿克蘇)の有機米。販売拠点が決まり次第、弊誌読者に速報をお伝えしたい。
【古野隆雄さんと合鴨農法】
 雑草防除、害虫防除、養分の供給などなど合鴨が稲に与える効果は実にさまざま。このシステムでは「厄介者」のはずの雑草や害虫が、合鴨のエサになり、糞になり、稲の養分になってしまうのだ。この合鴨農法に28年間にわたって取り組んでいるのが古野隆雄さん、中国はじめアジア各地で指導に当たっている。合鴨農法には稲作と畜産が合体するという利点も。田んぼでご飯とおかずができる、そんなヘルシーなサイクルをも描くことが可能なのだ。またこの合鴨農法については米どころの江蘇省の鎮江市が全省に先駆けて2000年に着手、これを成功例に今、中国全土に広がりつつある。
写真①
 367ムーの土地は、「アヒルだけの水田」、「普通の有機栽培を行う水田」、また「日本のHB-101という農林水産省JAS有機認証を取得した天然植物活力液を投入した水田」、「HB-101とアヒルを投入した水田」の4つの実験地に分けて栽培を行っている。
写真②
 田んぼにはいろんな種類の生物がいる。「トンボも日本以上に種類が豊富ですね」と古野夫妻。
写真③
 アクスの街からさらにクルマで100キロ、この農場は太古以来、汚染されることのなかった開墾地だ。3年前までは道すらなかった。工場も周辺40キロ四方には見当たらない。
写真④
 「新彊のアクスで合鴨農法の実験が始まったことは大変うれしいですね」と古野さん。
写真⑤
 収穫は1ムー当たり300キロ前後。今年は全体で8万キロの収穫を見込む。
写真⑥
 お米の実験栽培地。ここでは36種類の米を栽培。「16団」では水田の15%をアキタコマチが占める。
写真⑦
 新彊生産建設兵団環境保護科学研究所の万勤所長。「16団」は同研究所の指導を受け、合鴨農法の実験を行っている
写真⑧
 牛を飼うのは糞で有機肥料を作るため。有機循環プロジェクトが進行中だ。
写真⑨
 これほどまとまった処女地が得られるのは他にない
環境にやさしい中国人 top
(大都市杂志2005年5月号)泰富生命工程(武汉)泰富生命工程(武汉) 環境にやさしい中国人
今夏、新疆で合鴨農法に挑戦
 彼をひとことで描写するなら「非典型的中国人」。商魂のたくましさをして典型というのであれば、彼は全く対極の人だ。環境問題を先取りし、2000年以降、中国でコツコツとその布石を築いてきた。ビジネスの道のりには失敗もあるが、「祖国への貢献」の夢は大きい。
 劉教敦さんは信じるところがあって、日本製のあるバイオ製品の販路開拓に取り組んでいる。化学成分ゼロ、ヒノキやマツ、スギの抽出液から作ったこの商品は、日本では「地力回復の助けにもなる」と農村を中心に知名度が高まり、最近は「飲んでも健康にいい」と、健康願望の強い日本人消費者が関心を寄せるようになっている。ところで、このような地力回復をうたった商品は、過去にも「我こそは正真正銘」とばかりに世に出回った。だが、お手並み拝見となるとどうもその効果に弱く、出ては消え、出ては消えの繰り返しだった。「ミラクルな商品」と強調されればされるだけ、身構えてしまうのだが、ここではその真偽の程はさておき、アンチ?ケミカルな劉さんの取り組みに注目したい。
◆農村相手は商売成り立たず
 劉さん自身、このバイオ製品の愛用者でもある。ここ数年、愛用してきた効果を次のように訴える。
 「お茶に1、2滴入れて飲むだけでいいんです。おかげで私は抜け毛が少なくなりました」と頭に手を伸ばし、髪をなでつける。その上、持病の皮膚病や前立腺肥大症も解決したとも言う。
 この商品は日本ではJAS、中国ではOFDC、またアメリカではOMRIの認定を受けたオーガニック製品で、アンチ?ケミカルを支持する劉さんが日本の製造元から正式に中国での代理権を得て、2001年から販売に乗り出したものだ。
 中国では1本200元で販売。店舗を持たず、商品の宣伝?販売はすべてホームページ上で行っている。今の劉さんにはそんな資金はないからだ。自らが社長だが、「黒皮の椅子に張りついて離れない」という典型的な中国人社長とは全く異なり、商品の許認可申請から販売活動、アフターサービスまですべてひとりで行っている。
 03年までは同じ製造元の別商品を農村相手に売ってきたが、想像以上に農民市場の開拓は難しいことに気がついた。商品作物を扱う大規模農場に入り込むには、売上げの半分に近い額のリベートが必要で、税金を払えば利益はないという有り様。ましてや農民にとっては高級品で手の出しようがなかった。方向転換を強いられた。再スタートは健康食品として富裕層をターゲットにした販売だった。
◆社長自らが電話フォロー、「お客さんはみな友達」
 「社員は10人います。でもね、みんなアフターサービスの何たるかを全く知らない。だから私自身がやるんです。旧正月の休みにはご挨拶もかねて400人以上のお客さんに電話を掛けました」
 劉さんは今「買ってくれたお客さんを大切にする」ことから始めている。大量の広告を打つのではなく、1人ひとりから丁寧に意見を吸い上げる。自らが受話器を取るのはそのためだ。曰く「お客さんに電話するというよりも、自分の友達に電話を掛けるという気持ちでやってます。事実、お客さんは今では私の友達。友達の価値は無限です、口コミ以上の力を持ちます」
 商品を介在しての友達づくり。劉さんは今それが楽しくて仕方がない。
 それでも頭が痛い問題が次から次へと続出する。そのひとつが偽造品。ついにニセモノが出回り始めたのだ。「ニセモノの説明書はそっくりそのまま私のホームページをコピーしたものでした。そんなニセモノでも堂々と見本市に展示するのだから呆れてしまう」。訴えれば金も時間もかかる。模造品にはすっかりお手上げだ。
◆給料のない清貧社長
 それでも「03年下半期から動きが出始めました」と劉さん。「で、売上げはどのくらいなのです」と尋ねると、「03年で2万元、04年で12万元???」。「うーん」とうならざるを得ない。月商にして1万元では黒字化の道はまだまだだ。
 「確かに私は会社を経営していますが、給料のない社長です。朝夕は自炊、昼は社員と食堂で食べます。移動は当然公共バスです」。
 だが焦りはない。自身の苦労も全く意に介さず。ひたすら信じた道を歩く。
 90年2月に福岡県に留学、九州産業大学の経営学部で国際経営を専攻した。勉学の傍ら、「アジア地球村」を主催し、草の根の中日友好活動を進めてきた。日本人には中国の情報提供のみならず、通訳や案内までの労働を無償で買って出た。中国の官僚が視察に来るとなればこれもボランティアで請け負った。
 「収入はゼロ。たまに頂ける謝礼で食いつなぎました」。1日の生活費は200円が限度、インスタントラーメンしか食べられない日が続いた。「代々教師」という家系に生まれたからか、「とても人様には対価は求められない」と言うのが彼の考えだったのだ。
  清貧――。日本でも中野孝次の『清貧の思想』が一時流行ったが、中国にも「濁富不如清貧」という言葉がある。「汚れた富より清い貧乏」というこの言葉は自らの信条だ。
◆天山山脈で米作りのプロジェクトも
  1958年武漢市に生まれた劉さんは1970年、12歳のときに湖北省新洲県の農村に下放された。20年振りにその農村を訪れたときに劉さんは驚いた。農民の履いていた靴は、壊れた大八車のタイヤで作った靴だったのだ。広がる都市部との格差。下放当時、劉さんはぬかはおろか、野生の草や木の葉まで食べたというが、農村の現状はその頃と大差がない。「第2のふるさとに何ができるか」それが、劉さんの次なる課題になった。
  「ここの丘陵地帯ではサツマイモがとれる。九州のものとは品種が違うがとても糖度が高い」。焼酎ブームの日本、その原料不足に見て思い立ったのがこのビジネス。サツマイモを潰して冷凍にして日本に輸出する、そんな構想を描いている。
  一方、今夏、新たなプロジェクトを新疆ウイグル自治区で仕掛ける。米の完全無農薬栽培だ。新疆の環境保護研究所の万勤所長とともに、日本で合鴨農法の実践家として活躍する古野隆雄さんを口説き、合鴨を使った農法を指導してもらおうというのだ。合鴨を水田に放てば、雑草や害虫は合鴨のエサになり、糞になり、養分になるというサイクルができあがる。雑草防除、害虫防除、養分の供給など合鴨が稲に与える効果は数知れない。
  「合鴨を泳がせるため株と株の間を30センチ四方確保する、すると通風がよくなり、太陽もよく差し込むようになる。しかも鴨が泳げば水田の土に常に自然と酸素が取り入れられることになります」と劉さんが寄せる期待も高い。自らも10ムー(1ムー=667平米)の栽培にチャレンジする。
  すでに中国では江蘇省鎮江市科学技術委員会が中心となり、古野さん指導の合鴨農法の試験栽培が行われているが、次の実験地は天山山脈の麓になる。天山山脈から流れる雪解け水で育つ新疆米は、油分が高く香り高いことでも有名。そこに合鴨農法が取り入れられる。理想の完全無農薬栽培米は劉さんによると11月にも収穫され、上海など大都市中心に届けられる予定だと言う。

母國農民に日本のバィォ技術を top
HB-101    HB-101   


2003-2007 ©版权所有:泰富生命工程(武汉)有限公司
地址:武汉·中国光谷 武汉市洪山区珞瑜路788号  巴黎豪庭11-1-302  邮编:430074
Tel: 027-87598395 87598371 62109721      Fax: 027-87598372
网址:http://www.hb-101.com.cn      http://www.eh-101.com.cn      http://www.hb101.com.cn
E-mail: hb-101@hb-101.com.cn              
  鄂ICP备05003537号